タグ:民家 ( 19 ) タグの人気記事


2007年 09月 25日

【東京の井戸】豊島区南池袋四丁目 平井家

e0117923_0375178.jpg

九月十六日。
この日も残暑が厳しかったなぁ。。。
雑司が谷霊園の周囲を散策で見つけた井戸の紹介です。



平井家さんの店構えの前に井戸ポンプを発見です^^

さっそく私が「井戸マニアかつ井戸萌え」であることを明かし(笑
撮影の許可を頂きました^^ノシ

霊園の周りの花屋さんは皆さん人柄が良く本当に驚かされます。



e0117923_038422.jpg

ここまで花に囲まれた井戸ポンプは初めて。
幸せだな。コイツ^^






e0117923_0381121.jpg

井戸の水も飲ませていただきました。


グイッと、ひしゃくの水を一気に飲み干す。
暑い上にしばらく水分をとってなかったので格別!

いやぁ!美味しかった!^^


場所はここ
[PR]

by 23dt | 2007-09-25 00:48 | 豊島区の井戸
2007年 09月 17日

【東京の井戸】豊島区雑司が谷二丁目 志のぶ家

e0117923_0460100.jpg

雑司が谷霊園の周囲には花屋さんが多く存在する。
そして、霊園付近の花屋さんには井戸がある。
今回の井戸も、そのうちの一つ。

e0117923_046788.jpg

この井戸は、家の中にあった。
私が「井戸マニア」である事を明かし(笑)
撮影をお願いしたところ快くお許しいただけた。

お話を伺ったところ・・・。

「いたずらが多くて、家の中に引っ込めたそうよ。大正の終わりくらいまでは、家の外にあったっていう話だけど・・・
私がお嫁に来た時には、もう家の中にあったから詳しい事はわからないけどね」との事。



視線をうつすと、
グレープフルーツが冷えた井戸水にプカリと浮かんでいた。

「この水は飲めるんですか?」
と、聞くと、
水質検査を去年の暮れに行った事。費用は六千円ほどかかった事。
また、遊びにくる孫達は平気でガブガブと水を飲んでいる事などを教えてくれました。


「私にも・・・・飲ませていただけないでしょうか?」
「え?・・・まぁ、物好きねぇ、いいわよ。ちょっとまっててね。」
そう言うと、奥からグラスを持って来てくださる。



e0117923_0461310.jpg

ギーッ、ギーッ、ギーッ・・・
何度もポンプを漕ぐ。
「こうやって・・・水が冷たくなるまで漕がないと・・・美味しくないのよ・・・」
突然のお願いにも関わらず、何度も漕いでくださった。

一分くらいたっただろうか、勢いよく放出される井戸ポンプの水流にグラスを当て
「はい。どうぞ。」
と、冷たい水で満たされたグラスを渡してくれた。

e0117923_0461824.jpg



今日の水は格別に旨い。


グラスをかざすと、
冷たい水と、暖かい心が溶け込んでいた。



東京の井戸の地図byGoogleMAP
井戸のトレードマーク


[PR]

by 23dt | 2007-09-17 00:59 | 豊島区の井戸
2007年 09月 11日

上野桜木 古い路地

e0117923_7525718.jpg

路地裏もここまで古いと「映画のセット」みたいですね。
昭和初期のドラマ撮影なんかに使えそうです^^




e0117923_7525189.jpg

季節外れのアジサイが咲いて・・・




e0117923_753254.jpg

秋とは思えない一日でした。




CASTANEAさんの谷中講義^^----------------------------------------------
寛永寺陸橋の手前、右手奥JR線路の上か、左奥谷中霊園との境あたりでしょうか。
以前、このあたりのアパートにはあまり甲斐性のない旦那が妾を囲ったらしく、
お妾アパートと呼ばれたそうです。
確かに、都心にあって閑静で人目に着きにくい、隣近所もうるさくなく、家賃も安い。

しかし、上野桜木町は本来、高級住宅地です。政治家、文化人が数多く住みました。浅草、上野に近いので芸人も。
ここでは語り切れませんが、朝倉文夫に師事した彫刻家木内克(よし)のアトリエが残っているはずです。
霊園に向かう桜並木の右奥、拙HPの「谷根千で美を追って」に映像があります。

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by 23dt | 2007-09-11 07:56 | 色々と・・・
2007年 09月 10日

みかどパン店

e0117923_0235779.jpg
先日、ヒマラヤ杉にばかり注目し、みかどパン店を撮影し忘れたのでリベンジ・・・。



e0117923_0205726.jpg


おっと、古い住所標識も発見^^
リベンジしてよかった!


谷中上三崎南町。
「上」と「南」がつくということは、「下」と「北」もあるのかな?


CASTANEAさんの谷中講義^^----------------------------------------------
みかど、文字通りの三角です。
Y字路は大変古い道で、この一角は谷中で最も古い町並みだそうです。
ミカドパンの建物は戦前からであることは間違いなく、明治後期の建築
ではないかという。
汁粉屋→煙草屋→パン屋と住人と商売を替えながら続いている。
二畳の居室に風呂とトイレを持つ店舗兼住宅。
ヒマラヤ杉の前は榎木だった。昔から一里塚などに植えられたランドマークの樹木。
35年位前は、ひさしの下くらいの高さの大きな鉢植えでした。成長の早い木です。
--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by 23dt | 2007-09-10 00:22 | 色々と・・・
2007年 09月 02日

【東京の井戸】文京区本郷五丁目 樋口一葉が通っていた質屋付近

e0117923_1781982.jpg

一葉がよくお世話になっていた質屋さん(旧伊勢屋質屋)

樋口一葉(1872~1896)が菊坂の家に住んでいたときから、生活が苦しくなるたびに通った。
なんと下谷区竜泉町に移ってからも通ったそうです。
※歩いたら一時間半はかかります、途中に他の質屋もあったはずなので、
ずいぶんお世話になってたって事が推測できます

ちなみに、一葉が亡くなったときの香典帳に、
伊勢屋から香典が届けられた事が記されているそうです(文京区HPより抜粋)


質倉の横の路地を入っていくと・・・



e0117923_1782869.jpg

ほら、また井戸のある風景。







e0117923_1783539.jpg

クローズアップでパチリ。







e0117923_1784088.jpg

大きな銀杏手間まで行くと空き地になっていた。

ん・・・?
あれは・・・・。





e0117923_1710470.jpg

近寄ってみると、打ち捨てられた井戸の跡。
撤去する事すら忘れられた存在。

ずいぶん前に壊れたみたいです。
ここにまた新しい家が建つまでは残されたままになるんでしょう。

この井戸の場所はここ


この路地の冬景色は・・・マフィンマンさんの
“井戸展”を観に行ってしまったへ^^

一葉や鷗外などのお墓参りがしたくなった人は・・・
CASTANEAさんの私の掃苔録(著名人の墓参映像集)をどうぞ^^
お墓には花も手向けましょう^^ 四十坪の四季

東京の井戸の地図byGoogleMAP
井戸のトレードマーク


[PR]

by 23dt | 2007-09-02 17:10 | 文京区の井戸
2007年 08月 14日

【東京の井戸】台東区谷中七丁目 天王寺

e0117923_2211052.jpg


天王寺の井戸。


天王寺は鎌倉時代(1274年)に開山された日蓮大聖人ゆかりの感応寺が前身というから

このあたりでは最も古いお寺です。

井戸も、竹で囲ってあり、風景になじむように工夫されていました。さすが。






e0117923_222703.jpg

天王寺から少し歩き日暮里と鶯谷の中間にある芋坂の方へ行くと
長屋が立ち並ぶエリアに入ります。









e0117923_222057100.jpg

ほんとに「長屋」でした。
正緑荘A館 正緑荘B館と言うそうな・・・
台東区でもここまでの長屋らしい長屋は少ないのではないでしょうか?^^




e0117923_22502666.jpg

崩れた煉瓦塀を再構築したような石垣。
はじめて見ました・・・・
耐久性は大丈夫なんでしょうか^^;;;;;



e0117923_22165434.jpg

苔むした石段を降りると・・・







e0117923_22171339.jpg

真っ青な柵。芋坂跨線橋という橋。
鉄道が走る前は「芋坂」という坂がここから続いていたそうです。

この橋を渡ると、日暮里の羽二重団子本店への近道です^^ノシ


井戸の場所はここ
長屋や石垣はこちら
東京の井戸の地図byGoogleMAP
井戸のトレードマーク


[PR]

by 23dt | 2007-08-14 22:08 | 台東区の井戸
2007年 07月 30日

台東区橋場 花と民家

e0117923_2320133.jpg









e0117923_23281064.jpg









e0117923_23272156.jpg

[PR]

by 23dt | 2007-07-30 23:28 | 色々と・・・
2007年 07月 22日

【東京の井戸】台東区谷中七丁目 三原屋さんの枯井戸

e0117923_2212360.jpg

谷中墓地の入り口に、時代の流れに取り残されたような一角がある。







e0117923_22122171.jpg

老舗花屋の花重さん   創業は明治3年。







e0117923_22123186.jpg

とまっている車もなんだかマッチ。






e0117923_22123972.jpg

そしてこの店の軒先には・・・






e0117923_22263825.jpg


井戸ポンプです。



店番をしていたお母さんに声をかけて撮らせてもらいました^^

残念ながらすでに、井戸は枯れているとの事。
上越新幹線の工事以降水がでなくなったそうです・・・。
「水の流れが変わってしまったのね。しめった土をたくさん掘り出してたからやっぱり・・・」
とおっしゃっていました。

私も残念がっていると、井戸があるお寺のお話も伺う事ができました!
「この先を左に曲がってつきあたりにあるお寺なんだけど・・・
 お茶を頂いてすごくおいしかったので銘柄を聞いたんだけど、『お茶は特別じゃないのよ
 でも井戸の水だから・・・・』」
と答えが返ってきたそうです!

とうとう飲める井戸を発見か!?
次回はその井戸のレポートです^^

今回の場所はここ

東京の井戸の地図byGoogleMAP

[PR]

by 23dt | 2007-07-22 22:24 | 台東区の井戸
2007年 07月 22日

TSUTAYA 東日暮里

e0117923_214531.jpg

[PR]

by 23dt | 2007-07-22 02:15 | 色々と・・・
2007年 07月 08日

【東京の井戸】台東区花川戸二丁目 居酒屋山之宿

e0117923_2315171.jpg


e0117923_2315944.jpg

民家+井戸。
パーフェクト!!!!\(^O^)/
しかし、井戸はまったく使われていないようです・・・
吐き出し口からつるが入り込みポンプ内まで侵入。




e0117923_2314485.jpg



でも、中のパッキンは比較的新しそうだったから
もしかしたら呼び水入れて漕げば、水がでてくるかも!?

場所はここ
山之宿は居酒屋さんのようで結構おいしいらしいです。
私も機会があったら是非行ってみたいと思っていますがいつになることやら^^;

【メモ』
台東区花川戸2-17-2
03-3844-4730 
定休日は日曜・祝日 
[PR]

by 23dt | 2007-07-08 23:16 | 台東区の井戸