2009年 01月 02日

蔵前橋とポンプの面々

e0117923_22105641.jpg


佃島に井戸撮影に行った帰り道で撮影です。

橋は迫力があっていいですねぇ。

e0117923_22123615.jpg

いつしかマフィンマンさんが井戸人HPに投稿してくださった厩橋近辺のポンプです。

井戸の水を汲み上げるのではなく、隅田川の水を水路にひくためのものです。

e0117923_22124882.jpg

[PR]

# by 23dt | 2009-01-02 22:16 | 井戸研究
2008年 12月 13日

東京版:井戸のある風景100選 005


東京版:井戸のある風景100選

--------------------------------------------------------------------------------

005_中央区佃1丁目2丁目(佃島)の井戸ポンプ群

--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------

近代的風景と、昭和の風景が混在する街として名高い「佃島」

「井戸ポンプの町」と言っても良いほどそれぞれ個性的な風景をもった井戸ポンプが大切に残されている。

上の写真は、その中でも、『高層マンションと井戸ポンプ』を一望できるお勧めの一基です。


--------------------------------------------------------------------------------


      

--------------------------------------------------------------------------------


左の写真を見てください。ポンプの台座に古いミカンが置いてあります。
これは、”正月飾り”の名残です。

古くから日本では八百万の神という考えがあり、モチロン「井戸」にも神が宿ると考えられていました。(例として、弥都波能売神(みづはのめのかみ、水神)

そのため、新年の輪飾り・注連縄を井戸ポンプにも付け祀るのですが、東京で井戸ポンプ対してこの風習が残されているのは、かなり貴重です。(文京区、千代田区の一部の井戸ポンプに対しても見られます)

右の写真では、井戸を埋めた跡と思われますが頂点に”盛り塩”がされています。

埋めた跡も間違って井戸を踏まないようにしっかりと盛り上げてその上に塩まで撒くとは、驚きです。こういう文化がしっかりの残されているのも佃島井戸ポンプ群の魅力の一つです。

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------
釣り船”折本”の前にあるポンプです。

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

佃一丁目は(佃島・石川島)の二つからなっています。

石川島:(自然堆積+埋め立て)現在高層マンションが建築されている佃一丁目の北部分になります。石川島・・・石川島播磨重工をご存知でしょうか?現在はIHIと社名が変わっていますが、1853(嘉永6)年、この島に水戸藩主徳川斉昭の手によって創設された石川島造船所がその前身になっています。

佃島:(自然堆積+埋め立て)佃煮で有名な佃です。もともとは小さな自然堆積で出来た島ですが、徳川家康が幕府を江戸に置くにあたり、摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区)の漁民約30名を江戸に呼び寄せ、隅田川河口の三角洲を埋め立て島を作り、漁民達はそこに住む様になったと言われています、経緯には色々な説があるようです。

ついでに、お隣の月島も・・・

月島:(埋め立て)もんじゃ焼きで有名な月島。1892年(明治25年)の「東京湾澪浚(みおさらい)計画」で、東京湾から浚渫した土砂を利用して埋め立てて作られた人工島”月島1号地”です。(現在の月島一丁目から月島四丁目まで)

ちなみに”月島2・3号地”は勝どき、”月島4号地”は晴海です。

月島の名前は東京湾内にあった「月の岬・月の見崎」という月見の名所から名付けられたとされているが、「築島」の字を変えたものという説もあります。

個人的には月島が人工的に作った大きな島なので”築島”が有力かなと思っています。

※「月の岬・月の見崎」とは、現在の東京都港区三田四丁目付近である台地の一角を指す。現在の月島とは2.3km程度しか離れておらず、且つ台地の”月の岬”から月島を見通す事はできたはずなので、どちらが正しいかはやっぱり分からずじまいですが。。。



 

『御江戸大絵図』部分 天保14年(1843)

 


『グーグルマップ』部分 平成20年(2008)


--------------------------------------------------------------------------------
昔の”石川島”と”佃島”の形が現在もしっかりと残っています。ずいぶんと埋め立てられ拡幅されたのですね。
--------------------------------------------------------------------------------



引き続き応募を続けていますのでよろしくお願いいたします!

東京版:井戸のある風景100選
[PR]

# by 23dt | 2008-12-13 11:57 | 井戸のある風景100選
2008年 11月 26日

東京版:井戸のある風景100選 掲載例


東京版:井戸のある風景100選
--------------------------------------------------------------------------------

002_豊島区南池袋4丁目此花亭前の井戸ポンプ

および、雑司が谷霊園周辺花屋の井戸ポンプ群

--------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------

南池袋4丁目の此花亭の井戸ポンプ。

--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------

雑司が谷霊園の横のお花屋さんにあるポンプ達はお彼岸になると生き生きとしてくる。

--------------------------------------------------------------------------------





--------------------------------------------------------------------------------
沢山使われるからこそのビニールの覆い。
 

築80年を越すという二階建ての民家。

こちらは雑司が谷霊園への墓参客へ花を提供し、くつろぎの場所を提供する「花屋さん」である。

サンシャイン60のそびえる池袋を貫く首都高五号線の直近でありながら、

まるで旧街道にポツリと取り残されて保存されたかの様な民家の前に残る井戸ポンプ。

しかも毎日使用される立派な現役!

さらに特筆すべきなのは、「飲用可」であると言うことだ。

墓参客へ提供されるお茶等は、この井戸の水を使用しており、まろやかな味だという。

ちなみに、しっかりと水質検査は行われているのでご心配は無く。

 

雑司が谷霊園周辺のお花屋さんには井戸ポンプが多く設置されており、

100選にはそれらを含めた「井戸ポンプ群」として提案いたします。

e0117923_2155260.jpge0117923_21551654.jpg


志のぶ家の井戸(飲用可)              なか山の井戸ポンプ

e0117923_22203777.jpge0117923_22204893.jpg


平井家の井戸(飲用可)                    花屋秋元



このような形で、できるだけ詳しく文章を入れて紹介をしたいと思います^^



東京版:井戸のある風景100選をよろしくお願いします^^



[PR]

# by 23dt | 2008-11-26 22:00 | 井戸のある風景100選
2008年 11月 22日

井戸のある風景100選プロジェクト!






井戸ポンプのある町。 それは、思いやりある町。

物を大切にする心が残っている町。

人と人とのつながりを大切にしている町。

現代の日本には、どれもこれも取り戻さなくてはならない、思い出さなくてはならないものばかりです。


井戸のある風景100選_選考委員会(以下、井戸100選考委員会)は賛同者を募集しております。

賛同者には、井戸の取材、報告。また、集まった井戸情報、写真に対する評価のご協力をお願いさせて頂きたいと思います。


”100選”と言っても”BEST100”を決めるわけではモチロンありません。

井戸ポンプに対する意識のきっかけになるような、100個を選ぼうという試みです。

この試みを通じてひとりでも多くの人に井戸の大切さ、趣きについて気づいていただければと思います。


--------------------------------------------------------------------------------


具体的な活動内容は以下の2つの内容について

2009年~2010年での完成を目指します。

東京版【井戸のある風景100選】
全国版【井戸のある風景100選】


--------------------------------------------------------------------------------



また、井戸は《災害時》のライフラインとして重要な役割を持っています。

遠くは関東大震災、近くは阪神大震災などの大災害時に

井戸の水でどれほどの人が渇きを癒したか知れません。

 

井戸ポンプのある風景を中心に紹介してくことによって、井戸の大切さ、素晴らしさを広めてゆき

井戸ポンプの保存や、新設に貢献できればと考えています。


--------------------------------------------------------------------------------

井戸100選考委員会 主催【井戸人】



[PR]

# by 23dt | 2008-11-22 00:05 | 井戸のある風景100選
2008年 11月 02日

笹乃雪-sasano yuki-

e0117923_23164459.jpg


笹の雪です。

豆富(豆腐)料理で有名なこのお店。

今でも井戸水をくみ上げて使用しています。


more
[PR]

# by 23dt | 2008-11-02 23:17 | 台東区の井戸
2008年 10月 20日

天神坂裏の井戸ポンプ

e0117923_22274166.jpg



ガムテープで補強された窓ガラスがなんとも泣かせるじゃないですか。


more
[PR]

# by 23dt | 2008-10-20 22:30 | 港区の井戸
2008年 10月 04日

須賀町・若葉で井戸人!

e0117923_045884.jpg



マフィンマンさんの新宿区若葉/須賀町  路地の“ 最深部 ”にてをみてから
いつか行きたい。見たい。と思い続けていた「階段上の井戸ポンプ」

とうとう発見です^^




e0117923_053148.jpg


若葉にはどんつきの薄暗い中に銀色に光るポンプもありました。





e0117923_054033.jpg


こちらも若葉。
階段と階段の間にあった”井戸ポンプの土台”

あーあ。
この井戸ポンプが生きているときに会いたかったものだー


ちなみにこの写真たちもカメラを持っておらず携帯のカメラで撮影。
もう一度撮りに行かないとなー・・・。
[PR]

# by 23dt | 2008-10-04 00:08 | 新宿区の井戸
2008年 09月 28日

堀船で井戸

e0117923_061579.jpg

井戸がありそうな町「堀船」でどうにか井戸を見つけたいと思い本日リベンジ。




e0117923_023719.jpg


マフィンマンさんの北区堀船  路地から路地へに掲載の路地も見かけました。
[PR]

# by 23dt | 2008-09-28 00:07 | 北区の井戸
2008年 09月 23日

sen-tou

e0117923_2331506.jpg


珍しくサワーを三杯飲んでほろ酔いの私は

ふと近くに銭湯があることを思い出す。

ネットで調べると24:00まで営業とのこと。

お風呂にはすでに入っていたのだが、どうしても行ってみたい。

「ちょっと銭湯にいってこようかなー」

妻「え?何言ってるの?よっぱらって気が大きくなってるんじゃないの?--;」

妻の制止も振り切り

まぢかの恵比寿湯へ。



体を流して、湯船につかる。

足に激痛!

「あ、あつい!」

温度計をみると45℃

「いくら下町だからって、それはないよな・・・」

まぁ、郷に入りては郷に従え。


湯温調整用の蛇口がそばに見えたが、そのまま我慢して入浴。

私が入ったところは「ジャグジーの湯」

ボコボコと泡がたっている。

みなさんもご経験があるでしょうが

熱いお湯って動くと余計熱くなりますよね・・・。

まさに、地獄。


しかし、少しずつなれてくると

この熱さが、家庭用の湯船とは明らかに異なった銭湯気分を引き出してくれる。


湯船につかり、

それを冷まし。

再び湯船につかる。


たっぷり銭湯気分を楽しんだ後に


恒例の「フツーツ牛乳」はいずこ!?

・・・・

どうやらこの銭湯には置いていないようですガックシ。
[PR]

# by 23dt | 2008-09-23 23:39 | 色々と・・・
2008年 09月 23日

お彼岸の此花亭

e0117923_225485.jpg




e0117923_2252840.jpg




e0117923_225448.jpg



e0117923_2255518.jpg


沢山使われるからこそのビニールの覆い。

雑司が谷霊園の横のお花屋さんにあるポンプ達はお彼岸になると生き生きとしてくる。

ここのお水は、お墓参りをする人達の休憩時に振舞われるお茶などに使われているらしいです。

井戸水はミネラル分が少なく、モチロン塩素等も無い「軟水」であることが多いため

お茶を淹れるのに最適です。

※硬水で淹れると渋みが強調されます。

蛇足ですが、フランスではカフェ文化が発達し、イギリスで紅茶文化が発達したのは

フランスの水は「硬水」が多く(コーヒーは硬水で淹れた方がより苦味等の成分がでて楽しめる)

イギリスの水が日本と同じく「軟水」が多いからという噂。

 
[PR]

# by 23dt | 2008-09-23 22:20 | 豊島区の井戸