井戸人別館【東京翠影】

tokyodt.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

【井戸探偵VOL1】京島の井戸編

モノクロ写真を中心にステキな写真を撮られている四季光写さんの時を刻む街 その1
で雰囲気の良い井戸を見つけた!


是非撮影をしに行きたい・・・しかし京島のどこかとしか場所は分からない、そこで、場所を推理・・・・!
井戸探偵の出番です。


さてさて、井戸探偵は写真に残された情報から井戸の場所を特定します。

是非、四季光写さんの時を刻む街 その1 4枚目の写真を見ながら読んで欲しい。



住所標識があれば楽勝なんですが、今回はそれは無し・・・。ということで

【写真に残された情報】

①右にゆっくりと曲がる一車線ずつの道。
②舗装された道から外れた、やや広がりをもった路肩に井戸がある。
③井戸のそばには、おそらく中ぐらいの大きさの樹木。
④看板に描かれた文字。


うーん。今回はこんなところですね・・・。

一番の情報は④の看板でしょう。
これを鍵に進めていきます。

まず、看板上部のマーク。
武田菱か!?

「信玄郷土のイゲタロ?」

googleで検索。
意味不明。


次に「イゲタロ」で検索。


e0117923_0473474.gif


もしかしてイゲタロイ?と聞かれる。

は!?

イゲタロイってなんだ?





検索の結果


「住友電工のイゲタロイ」

と判明。

武田菱と思い込んだせいで

「信玄郷土」と読み違えたようだ・・・・orz


さてさて。探偵の続き。


種々のキーワードで検索を再開。


「イゲタロイ 京島」

「住友電工 京島」


・・・・


ダメだ。

検索結果が多すぎて良く分からない。



ん?

そういえばイゲタロイとはなんじゃろう?




住友電線製造所(現在の住友電工)により「イゲタロイ」が、三菱鉱業(現在の三菱マテリアル)により「ダイヤチタニット」がそれぞれ開発され、前述の「タンガロイ」と合わせて超硬合金あるいは超硬工具の御三家となる。主に営んでいた事業分野がそれぞれ異なる(金属部品加工、電線製造、鉱山経営)ことを反映して、当初の開発の目的(想定する用途)は異なっていた(一般金属の切削加工関連、電線の引き抜き用金型関連、鉱山の掘削関連)ようであるが、結局同じ超硬合金という材料にそれぞれが辿り着いた点は興味深いことである。



どうやら工具のようだ・・・。


そうだ!

この工具をヒントに!!!!








e0117923_0112470.jpg



ということで井戸探偵は一つの場所にたどり着いた。

ゆったりとした右カーブ。

そして古びた感じの庭を持つ民家。

ちょっとした樹木。

ここで画面右下の白い建物が、四季光写さんの時を刻む街 その1
の写真奥に見える建物と一致しているようにも思え、決定的だと感じた。



来週か再来週に確かめに行こう!
井戸探偵の結末やいかに!?

請う、ご期待!


ちなみに「住友電工」のマークは武田菱じゃなくて「井桁」でした。


井桁(イゲタ)
井戸の上に組み合わされた木枠のこと。釣瓶(つるべ)に繋がった桶(おけ)など置くのに使った。








偶然にも程がある。


井戸探偵初回の案件として出来すぎじゃない?(笑)
[PR]

by 23dt | 2008-03-31 00:12 | 井戸研究
2008年 03月 30日

【東京の井戸】根岸五丁目

e0117923_22122488.jpg


こんなところにも井戸があったんだなぁ、

見過ごしていた。


自宅から一分。

おそらく一番近い場所にある井戸。

場所のヒント
[PR]

by 23dt | 2008-03-30 22:17 | 台東区の井戸
2008年 03月 29日

【東京の井戸】雑司が谷特集!




【井戸の町・雑司が谷特集】


雑司が谷は、井戸の町・・・

といっても過言ではありません。

雑司が谷霊園に隣接して営業しているお花屋(お墓参りの休憩所もかねている)にあるポンプでは、水質検査も合格しており「飲める井戸水」が存在しています。

また、雑司が谷一丁目、特に文京区目白台との区界付近には沢山の井戸が残されています。

ふらっと立ち寄るだけで沢山の井戸を発見できました。

また、次の機会にも井戸探しをいたしますが、

まずは現在までで発見している範囲の井戸を掲載しますので、ご覧下さい^^





雑司が谷一丁目の井戸探しは、不忍通りから始めました。

こちらは、道の上でお店を広げている商店です。

とても暖かい雰囲気が流れていたので、思わずシャッターを切りました。

 


 
[PR]

by 23dt | 2008-03-29 01:52 | 豊島区の井戸
2008年 03月 26日

【東京の井戸】豊島区雑司が谷一丁目 掘りぬき井戸、多いなぁ

e0117923_0121717.jpg


コイツも民家の庭先に放置されていた井戸。
覗いてみると、下のほうに水が見える。

しかし、水が湧いてきたというより、溜まっているといった印象
※断言は出来ないが何となく湧いてきた水には思えなかった。

これからも少しずつエントリしていくが、

雑司が谷には「掘りぬき井戸」が多い感じがする。

しかも、庭先に。



「打ち込み井戸」より数倍高価な「掘りぬき井戸」

「路地の真ん中の共同井戸」
ではなく「庭先に個人所有」
コレが意味するところは・・・・。

雑司が谷はお金持ち!
[PR]

by 23dt | 2008-03-26 00:23 | 豊島区の井戸
2008年 03月 23日

ここより先・・・

e0117923_2243111.jpg




ここより先・・・昭和。


側溝って東京で初めて見ました。

雑司が谷で井戸探し(イドウォーク)をしてたところ

この風景に出会いました。



側溝と縁石がぷっつり区切られていて、

なにやら平成と昭和を分かつ「境界線」に思えたのです^^




マフィンマンさんはどうやら西新宿でも側溝と出会っているようです。
[PR]

by 23dt | 2008-03-23 22:50 | 色々と・・・
2008年 03月 23日

【東京の井戸】豊島区雑司が谷一丁目 コイツは怖い。

e0117923_2227116.jpg


もはや「蓋」レベルをはるかに超えた重厚な石材の数々。

コレを見たとき頭に最初にうかんだ言葉は「封印」・・・でした。


井戸から這い上がろうとする「何か」を必死に食い止めるため

一人ではとても持ち上げる事が出来ないような石材をいくつも積み重ねた・・・。


といった印象を受けました。


恐る恐る石のスキマから覗いてみると、すぐ水が見えゆらゆらと光を反射していました。



私の井戸コレクションの中でダントツの「不気味な井戸」です^^;;;;;;;
[PR]

by 23dt | 2008-03-23 22:30 | 豊島区の井戸
2008年 03月 22日

【東京の井戸】henroninさんからの頂き物m(_ _)m

e0117923_2315409.jpg

henroninさん撮影



e0117923_23155068.jpg

henroninさん撮影



鉄の華 裏道遍路人のhenroninさんから二枚もステキな井戸の写真を頂いてしまいました^^
佃の井戸だということです。私も今度探しに行きたいと思います^^


ありがとうございます!
[PR]

by 23dt | 2008-03-22 23:23
2008年 03月 22日

【東京の井戸】北区十条

e0117923_2365233.jpg


「ふー・・・・、やれやれ。」


お風呂につかって安らいでいるように見えるのは私だけ?

長い間御疲れ様でしたm(_ _)m
[PR]

by 23dt | 2008-03-22 23:08 | 北区の井戸
2008年 03月 20日

【東京の井戸】荒川区荒川三丁目 浄正寺

e0117923_0185134.jpg




石造りの立派な井戸。
以前は手押しポンプだった跡をみつけましたが、今は電動ポンプです。

何はともあれ現役なのが嬉しい。

e0117923_0191722.jpg




e0117923_023753.jpg

近くにこんなスポットもあります。
三峯神社 。耳の病に効く神社だそうです。
なぜお椀が供えられているかは謎。

しかし、私なりの推察を・・・

色々調べた結果、
日本及び、世界の国々には
椀型の器は「命の源となる食物を盛る」という神聖な意味づけをする土着信仰があるようです。
また、そこから派生して『再生力』という意味づけを与える地方もあるということです。

もしかしたら、「難聴からの回復」を願い「再生力」の象徴である椀が供えられているのかも・・・!?

といっても、あくまで推論ですので^^;


マフィンマンさんも一年程前にここを撮られています。ん?お椀の数、一個増えてるかな!?
荒川区荒川  路地裏の小さな神様に祈るへ。
[PR]

by 23dt | 2008-03-20 00:31 | 荒川区の井戸
2008年 03月 10日

【東京の井戸】小島

e0117923_23452217.jpg




非天然色東京画のigu-kunさんが教えてくれた台東区小島の井戸です。

More
[PR]

by 23dt | 2008-03-10 23:46 | 台東区の井戸