井戸人別館【東京翠影】

tokyodt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:井戸のある風景100選( 5 )


2009年 01月 29日

東京版:井戸のある風景100選 009


東京版:井戸のある風景100選

--------------------------------------------------------------------------------

009_文京区根津1丁目の井戸ポンプ


--------------------------------------------------------------------------------



e0117923_0164864.jpg



--------------------------------------------------------------------------------
サイタ質店が創業したのは明治 40年(1907)というからかれこれ100年以上がたっています。
関東大震災や東京大空襲のなか奇跡的に難を逃れ、現在も現役で使用されています。


--------------------------------------------------------------------------------

e0117923_0173747.jpge0117923_0175026.jpg



--------------------------------------------------------------------------------


杉板の板塀、石畳ブリキのバケツ等等、
まさに井戸ポンプのためにコーディネートされたかのようなステキな空間。

ココは、上野台地と本郷台地の谷間に位置し、かつては藍染川が流れていた地域。

この一帯は古い民家が多く坂を上ると、

街角フォトグラファーには有名な「ミカドパン店」「ヒマラヤ杉」がある。

あえて示さないがここから、谷中、池之端にかけて井戸も多く残っており、散策がてら井戸探しをする格好の場所と言えます。


--------------------------------------------------------------------------------

 
e0117923_0222669.jpg




--------------------------------------------------------------------------------
※藍染川(上の写真は藍染川を暗渠としている”へび道”)
地元の人間以外車で踏み込むのは止めたほうが良い。私も何度か縁石に乗り上げた経験がある。

右上の写真(google earth) の中央をクネクネと蛇行しているのがへび道である。


--------------------------------------------------------------------------------


過去を調べていくと、
東京の環境、特に水に関する環境が劇的に変化してきた様子が分かります。

美しき頃の藍染川は、夏目漱石の『三四郎』(明治41年執筆開始)に登場するのでここで紹介しましょう。

-以下引用-
 谷中と千駄木が谷で出会うと、いちばん低い所に小川が流れている。この小川を沿うて、町を左へ切れるとすぐ野に出る。川はまっすぐに北へ通っている。三四郎は東京へ来てから何べんもこの小川の向こう側を歩いて、何べんこっち側を歩いたかよく覚えている。美禰子の立っている所は、この小川が、ちょうど谷中の町を横切って根津へ抜ける石橋のそばである。


-中略-


 一丁ばかり来た。また橋がある。一尺に足らない古板を造作なく渡した上を、三四郎は大またに歩いた。

-中略-

二人の足の下には小さな川が流れている。秋になって水が落ちたから浅い。角の出た石の上に鶺鴒(せきれい)が一羽とまったくらいである。三四郎は水の中をながめていた。水が次第に濁ってくる。見ると川上で百姓が大根を洗っていた。美禰子の視線は遠くの向こうにある。向こうは広い畑で、畑の先が森で森の上が空になる。空の色がだんだん変ってくる。


 

どうでしょう?藍染川の風景が思い描けましたか?実に情緒のあふれる風景ですね。

今は面影はありませんが、へび道に立ち目を閉じて想像の翼を広げると、明治よりもっと前の時代の光景を思い描けます。

”板橋に立ちあたりを見回せば田畑が広がり転々と、

 川は魚を遊ばせながらさらさら流れ、春には鶯が鳴き、夏の夜には蛍が舞う、

 秋には、東の上野の山、西の本郷台地の森が紅葉で燃え、

 冬にはしんしんと降る雪が藍染川をましろに染めてゆく・・・”

現在では住宅が密集していて分かりにくいのですが、藍染川が流れるこの一帯は約100m程度の幅で広がる平地であり、まさに”谷中”の地名にふさわしいと思います。

 

しかしながら、三四郎のこの場面の後次第にドブ化してゆき、大正12年には関東大震災を契機に暗渠化しているので、わずか16年の間にホタルが飛び交う清流は失われた事になります。

そのスピードは三四郎から遅れること3年で開始された森鷗外の『雁』に見ることができます。

-以下引用-

岡田の日々の散歩は大抵道筋が極まっていた。寂しい無縁坂を降りて、藍染川(あいそめがわ)のお歯黒のような水の流れ込む不忍の池の北側を廻って、上野の山をぶらつく。それから松源(まつげん)や雁鍋(がんなべ)のある広小路、狭い賑やかな仲町(なかちょう)を通って、湯島天神の社内に這入って、陰気な臭橘寺(からたちでら)の角を曲がって帰る。しかし仲町を右に折れて、無縁坂から帰ることもある。
”お歯黒のような水”とありますが、三四郎の執筆から雁までは3年しかたっていませんが

三四郎と美禰子が夕日を眺めた藍染川は”お歯黒のような水”と描写されています。

 

この”お歯黒のような水”も次第に悪臭を放つドブとなり、

 臭いものにはフタとやらで、暗渠とする。

 

なんて勝手なんでしょう。。。。

 

最近は、川の流れを復活させるプロジェクトや、水質浄化プロジェクト等、自然の水環境を見直し、守る運動が盛んになってきていますが、

失うのは易し、得るのは難し

まずは私達自身が、身近な水環境を守っていく必要があると思います。

ということで、井戸ポンプは大切にしましょうね!



e0117923_029571.jpg









東京版:井戸のある風景100選
[PR]

by 23dt | 2009-01-29 00:28 | 井戸のある風景100選
2009年 01月 12日

東京版:井戸のある風景100選

現在ご協力を頂き6件まできました!

引き続き応募を続けていますのでよろしくお願いいたします!

東京版:井戸のある風景100選

001:台東区谷中1丁目   002:豊島区南池袋4丁目


003:新宿区内藤町      004:葛飾区東新小岩1丁目



005_中央区佃島       013_港区元麻布柳の井戸




[PR]

by 23dt | 2009-01-12 23:33 | 井戸のある風景100選
2008年 12月 13日

東京版:井戸のある風景100選 005


東京版:井戸のある風景100選

--------------------------------------------------------------------------------

005_中央区佃1丁目2丁目(佃島)の井戸ポンプ群

--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------

近代的風景と、昭和の風景が混在する街として名高い「佃島」

「井戸ポンプの町」と言っても良いほどそれぞれ個性的な風景をもった井戸ポンプが大切に残されている。

上の写真は、その中でも、『高層マンションと井戸ポンプ』を一望できるお勧めの一基です。


--------------------------------------------------------------------------------


      

--------------------------------------------------------------------------------


左の写真を見てください。ポンプの台座に古いミカンが置いてあります。
これは、”正月飾り”の名残です。

古くから日本では八百万の神という考えがあり、モチロン「井戸」にも神が宿ると考えられていました。(例として、弥都波能売神(みづはのめのかみ、水神)

そのため、新年の輪飾り・注連縄を井戸ポンプにも付け祀るのですが、東京で井戸ポンプ対してこの風習が残されているのは、かなり貴重です。(文京区、千代田区の一部の井戸ポンプに対しても見られます)

右の写真では、井戸を埋めた跡と思われますが頂点に”盛り塩”がされています。

埋めた跡も間違って井戸を踏まないようにしっかりと盛り上げてその上に塩まで撒くとは、驚きです。こういう文化がしっかりの残されているのも佃島井戸ポンプ群の魅力の一つです。

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------
釣り船”折本”の前にあるポンプです。

--------------------------------------------------------------------------------

          

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

佃一丁目は(佃島・石川島)の二つからなっています。

石川島:(自然堆積+埋め立て)現在高層マンションが建築されている佃一丁目の北部分になります。石川島・・・石川島播磨重工をご存知でしょうか?現在はIHIと社名が変わっていますが、1853(嘉永6)年、この島に水戸藩主徳川斉昭の手によって創設された石川島造船所がその前身になっています。

佃島:(自然堆積+埋め立て)佃煮で有名な佃です。もともとは小さな自然堆積で出来た島ですが、徳川家康が幕府を江戸に置くにあたり、摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区)の漁民約30名を江戸に呼び寄せ、隅田川河口の三角洲を埋め立て島を作り、漁民達はそこに住む様になったと言われています、経緯には色々な説があるようです。

ついでに、お隣の月島も・・・

月島:(埋め立て)もんじゃ焼きで有名な月島。1892年(明治25年)の「東京湾澪浚(みおさらい)計画」で、東京湾から浚渫した土砂を利用して埋め立てて作られた人工島”月島1号地”です。(現在の月島一丁目から月島四丁目まで)

ちなみに”月島2・3号地”は勝どき、”月島4号地”は晴海です。

月島の名前は東京湾内にあった「月の岬・月の見崎」という月見の名所から名付けられたとされているが、「築島」の字を変えたものという説もあります。

個人的には月島が人工的に作った大きな島なので”築島”が有力かなと思っています。

※「月の岬・月の見崎」とは、現在の東京都港区三田四丁目付近である台地の一角を指す。現在の月島とは2.3km程度しか離れておらず、且つ台地の”月の岬”から月島を見通す事はできたはずなので、どちらが正しいかはやっぱり分からずじまいですが。。。



 

『御江戸大絵図』部分 天保14年(1843)

 


『グーグルマップ』部分 平成20年(2008)


--------------------------------------------------------------------------------
昔の”石川島”と”佃島”の形が現在もしっかりと残っています。ずいぶんと埋め立てられ拡幅されたのですね。
--------------------------------------------------------------------------------



引き続き応募を続けていますのでよろしくお願いいたします!

東京版:井戸のある風景100選
[PR]

by 23dt | 2008-12-13 11:57 | 井戸のある風景100選
2008年 11月 26日

東京版:井戸のある風景100選 掲載例


東京版:井戸のある風景100選
--------------------------------------------------------------------------------

002_豊島区南池袋4丁目此花亭前の井戸ポンプ

および、雑司が谷霊園周辺花屋の井戸ポンプ群

--------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------

南池袋4丁目の此花亭の井戸ポンプ。

--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------

雑司が谷霊園の横のお花屋さんにあるポンプ達はお彼岸になると生き生きとしてくる。

--------------------------------------------------------------------------------





--------------------------------------------------------------------------------
沢山使われるからこそのビニールの覆い。
 

築80年を越すという二階建ての民家。

こちらは雑司が谷霊園への墓参客へ花を提供し、くつろぎの場所を提供する「花屋さん」である。

サンシャイン60のそびえる池袋を貫く首都高五号線の直近でありながら、

まるで旧街道にポツリと取り残されて保存されたかの様な民家の前に残る井戸ポンプ。

しかも毎日使用される立派な現役!

さらに特筆すべきなのは、「飲用可」であると言うことだ。

墓参客へ提供されるお茶等は、この井戸の水を使用しており、まろやかな味だという。

ちなみに、しっかりと水質検査は行われているのでご心配は無く。

 

雑司が谷霊園周辺のお花屋さんには井戸ポンプが多く設置されており、

100選にはそれらを含めた「井戸ポンプ群」として提案いたします。

e0117923_2155260.jpge0117923_21551654.jpg


志のぶ家の井戸(飲用可)              なか山の井戸ポンプ

e0117923_22203777.jpge0117923_22204893.jpg


平井家の井戸(飲用可)                    花屋秋元



このような形で、できるだけ詳しく文章を入れて紹介をしたいと思います^^



東京版:井戸のある風景100選をよろしくお願いします^^



[PR]

by 23dt | 2008-11-26 22:00 | 井戸のある風景100選
2008年 11月 22日

井戸のある風景100選プロジェクト!






井戸ポンプのある町。 それは、思いやりある町。

物を大切にする心が残っている町。

人と人とのつながりを大切にしている町。

現代の日本には、どれもこれも取り戻さなくてはならない、思い出さなくてはならないものばかりです。


井戸のある風景100選_選考委員会(以下、井戸100選考委員会)は賛同者を募集しております。

賛同者には、井戸の取材、報告。また、集まった井戸情報、写真に対する評価のご協力をお願いさせて頂きたいと思います。


”100選”と言っても”BEST100”を決めるわけではモチロンありません。

井戸ポンプに対する意識のきっかけになるような、100個を選ぼうという試みです。

この試みを通じてひとりでも多くの人に井戸の大切さ、趣きについて気づいていただければと思います。


--------------------------------------------------------------------------------


具体的な活動内容は以下の2つの内容について

2009年~2010年での完成を目指します。

東京版【井戸のある風景100選】
全国版【井戸のある風景100選】


--------------------------------------------------------------------------------



また、井戸は《災害時》のライフラインとして重要な役割を持っています。

遠くは関東大震災、近くは阪神大震災などの大災害時に

井戸の水でどれほどの人が渇きを癒したか知れません。

 

井戸ポンプのある風景を中心に紹介してくことによって、井戸の大切さ、素晴らしさを広めてゆき

井戸ポンプの保存や、新設に貢献できればと考えています。


--------------------------------------------------------------------------------

井戸100選考委員会 主催【井戸人】



[PR]

by 23dt | 2008-11-22 00:05 | 井戸のある風景100選