井戸人別館【東京翠影】

tokyodt.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 23日

お彼岸の此花亭

e0117923_225485.jpg




e0117923_2252840.jpg




e0117923_225448.jpg



e0117923_2255518.jpg


沢山使われるからこそのビニールの覆い。

雑司が谷霊園の横のお花屋さんにあるポンプ達はお彼岸になると生き生きとしてくる。

ここのお水は、お墓参りをする人達の休憩時に振舞われるお茶などに使われているらしいです。

井戸水はミネラル分が少なく、モチロン塩素等も無い「軟水」であることが多いため

お茶を淹れるのに最適です。

※硬水で淹れると渋みが強調されます。

蛇足ですが、フランスではカフェ文化が発達し、イギリスで紅茶文化が発達したのは

フランスの水は「硬水」が多く(コーヒーは硬水で淹れた方がより苦味等の成分がでて楽しめる)

イギリスの水が日本と同じく「軟水」が多いからという噂。

 
[PR]

by 23dt | 2008-09-23 22:20 | 豊島区の井戸


<< sen-tou      荒川自然公園下の浄水所 >>