井戸人別館【東京翠影】

tokyodt.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 15日

番外:【仙台の井戸】宮城野区花京院通  開発の嵐

運良く日が沈む前に時間を得たわたしは
仙台でも井戸を探してしまいました。

仙台駅の西側は、LOFTやデパート、大きなアーケードなどがみっしりと立ち並び
地方の中心都市の様相を呈していましたが・・・

地図を見てみると、東側にはなにやら古めかしい地名が多数。

一例を挙げると
元寺小路・車町・花京院通・鉄砲町・二十人町・・・こんな感じです。

地名から確信を得た私は、研修が終わり次第仙台駅の東側に突撃を敢行しました・・・
ところが・・・





e0117923_23393610.jpg

東側は再開発・・・。

ほとんどが空き地と、取り壊し中か、建設されたばかりのマンションがあるばかり・・。






e0117923_234063.jpg

大規模な基礎作り。
大きなビルが建つのでしょう。
なんといっても仙台駅から徒歩で5分圏内・・・地名に似合わず、
これも運命か・・・。





e0117923_23563142.jpg

あきらめかけた私の前に、古い民家が現れた。

「まだ残っているかもしれない・・・。」
そう呟くと、私は歩を早めた。






e0117923_23401917.jpg

そして、高架ぞいに残る三軒の民家を発見し、視線をうつそうとした時
私の意識に何かが訴えてくる、






e0117923_23403010.jpg

「あった!あったぞ!」
私は駆け寄った。
まるで、古い知己に出会ったかのように。







e0117923_23503793.jpg

「よくぞ、生き残っててくれた!ありがとう!」
感謝の思いでシャッターを切る。

仙台の再開発の波は、東京よりも激しい。
ほとんどの住民が立ち退きを完了していて、
保存運動を起こす者もおらず、
また、ここまで開発が進んでいては残す意味も無いかもしれない。

こうして、古い町名には似合わないマンションの町となってゆく。




e0117923_23395386.jpg

わずかに残された、路地裏の風景はあと数年で跡形も無くなってしまうのだろう。






※鉄砲町
藩政時代、鉄砲足軽組が置かれたことに由来する町名で、総勢百三十八の足軽が居住していた。
※二十人町
鉄砲足軽のなかでも特に武功のあった二十人衆に割り当てられたことが由来。
※元寺小路
仙台城の鬼門にあたるので,定禅寺や満勝寺など寺が並んでいた。


今回の井戸はここ

東京の井戸の地図byGoogleMAP
井戸のトレードマーク







写真をずらっと掲載。
ただひたすら掲載。

e0117923_0305996.jpg





e0117923_03176.jpg




e0117923_0311627.jpg




e0117923_0312212.jpg




e0117923_0312729.jpg




e0117923_0313245.jpg




e0117923_0313764.jpg




e0117923_0315086.jpg






【朝市市場】
e0117923_0315659.jpg


e0117923_032243.jpg





【仙台アメ横】
e0117923_032894.jpg





【車中より】
e0117923_0321494.jpg

[PR]

by 23dt | 2007-09-15 00:41 | 井戸研究


<< 【東京の井戸】豊島区雑司が谷二...      宮城県の井戸は・・・やはり・・・。 >>